新郎・新婦・仲人・両親・親族の順に、社殿へ入場します。
社殿内の神前に向かって右側に新郎、左側には新婦が座ります。
ご両家親族も同様、社殿に向かって新郎側は右、新婦側は左に向かい合って着席します。

▲ ページのTOPへ戻る

神前式を進めるにあたって、心身を祓い清めます。
一同、御起立頂き、ご低頭の上お祓いを受け着席します。

▲ ページのTOPへ戻る

拝殿に神様をお招きします。

一同、御起立の上、ご低頭頂きます。

▲ ページのTOPへ戻る

おいでになった神様にお供えをします。
一同ご着席頂いたまま、神職が神様にお供えを致します。

▲ ページのTOPへ戻る

氏神様に結婚の奉告をします。

神職が祝詞を唱えている間、一同御起立の上、ご低頭頂きます。

▲ ページのTOPへ戻る

新郎新婦が三つ重ねの盃で交互にお神酒を飲み交わします。

【三組の盃の作法】
1回目は新郎・新婦・新郎、
2回目は新婦・新郎・新婦、
3回目は新郎・新婦・新郎の順に盃を交わします。
それぞれ3度、盃に口をつけ、3度目で飲み干します。

▲ ページのTOPへ戻る

まず新郎が新婦の左手薬指に、次に新婦が新郎の左手薬指に指輪をはめます。

▲ ページのTOPへ戻る

神前で、夫婦永遠に誓いの言葉を読み上げます。

▲ ページのTOPへ戻る

玉串奉奠とは、玉串に自分の気持ちを乗せ、神様に捧げる意味が込められています。
【玉串奉奠の作法】
玉串の根元を右手で上から包むように、左手で枝先の下から持つようにして受け取ります。

玉串を胸の高さまで持ち上げたら、右手(根元)を手前に引き、玉串を縦にします。

次に左手を根元に、右手を枝先に持ち替えます。

玉串を右回りにまわし、根元が御神前の方へ向くように置きます。

▲ ページのTOPへ戻る

ご参列者に配られた盃に、巫女がお神酒を注ぎます。
新郎・親族・仲人の順に御神酒が注がれます。

一同ご起立頂き、乾杯を致します。

▲ ページのTOPへ戻る

祭主より、皆様へ祝いのご挨拶を致します。



▲ ページのTOPへ戻る

新郎・新婦を先頭に、退場いたします。

▲ ページのTOPへ戻る