厄年という考え方は古く、すでに平安時代から広まっており、人々はある年齢を迎えると厄祓いを行う風習があります。特に神社では、厄除けの祈願祭を行っております。

 厄年とは地方によって多少異なりますが、普通は男子の25歳、42歳、61歳、女子の19歳、33歳、37歳をさしています。特に【男性の42歳、女性の33歳は一生の大厄】とされています。厄年の前後の3年間をそれぞれ前厄、本厄、後厄とし、その間はつつしましく生活を送ることが望ましいとされています。

 しかし、厄年はともに【年祝い】の年にも当たっており、正月に神社にお参りして厄祓いをしてもらうと、【厄が転じて福となる】という考え方に変わります。あまり深刻にならずに、前向きに生活を送っていれば何も心配することはありません。