参道の歩き方

 参道を通って神前に向かうときは、参道の中心は神様のお通りになる道ですので、避けて通りましょう。神前で礼拝するときは、正面に立ってもかまいません。



手水のとりかた

  1. まず右手で柄杓をとり、清水をくんで、左手に水をかけて清めます。
  2. 次に柄杓を左手に持ちかえて、同じように右手を清めます。
  3. 再び柄杓をたてて、柄杓の柄に残った水を流してから、柄杓置きに伏せて置きます。


参拝のしかた

  1. 神前に立ったらまず、頭を下げ、2回礼をします。
  2. 次に、両手を胸の高さで合わせ、右手を指の一節分ほどずらして、2度手を打ち、再び両手をきちんと合わせます。
  3. 祈りをこめてから、手を降ろします。
  4. 最後にもう一度、礼をします。これをニ拝ニ拍手一拝といいます。