年中行事

1月 / 2月 / 3月 / 4月 / 5月 / 6月 / 7月 / 8月 / 9月 / 10月 / 11月 / 12月

1   月
初詣で 氏神様や日ごろ崇敬する神社に一年間の幸福を祈ります。
七草 七日の朝、七草粥を食べます。
鏡開き 正月の鏡餅を下げて、水菜清汁として食べる祝儀です。昔は20日に行われましたが、現在は11日です。
14日年越し 門松、しめ飾りを取り収めます。
小正月 元旦を大正月、15日を小正月といいます。小豆粥を食べ、前日納めたしめ飾りを焼きます。このことをどんと焼きと言います。
▲先頭へもどります
2   月
節分 四季の変わり目を節分と言いますが、立春の前日は二十四節による旧年から新年への変わり目であることから、もっとも重要とされました。この日、邪気をはらうために、豆をまいて追難を行います。
初午 食物の神である稲荷神をまつります。
針供養 8日に針を休め、折れた針のための供養を行います。
▲先頭へもどります
3   月
ひな祭り 中国の三月上巳の祓と、日本のひな遊びとが結びついたものです。ひなを飾り、桃の花、菱餅、白酒、あられなどをお供えして女児の幸福を祝します。
彼岸 春分・秋分を中日とする前後3日の計7日間を彼岸といいます。法事や墓参など、先祖の供養が行われます。
社日 春分・秋分にもっとも近い戊(つちのえ)の日のことで、神社にお参りして春には五穀の豊穣を、秋には収穫の感謝を祈ります。
▲先頭へもどります
4   月
春祭 豊作の開始に当たって農神を迎え、五穀の豊穣を祈るとともに疫神や悪霊を祓います。
▲先頭へもどります
5   月
端午 武者人形を飾って鯉のぼりを立て、菖蒲酒、粽、あるいは柏餅をお供えして、男児の幸福を祈ります。菖蒲湯に浴して病災除けとします。
▲先頭へもどります
6   月
夏越しの祓い 6月と12月の晦日に行われる祓いを大祓いといい、そのうち6月に行われるものを夏越し(なごし)の祓いといいます。半年間の穢れを祓い、人形に穢れを託して川に流したり、茅の輪をくぐったりします。
▲先頭へもどります
7   月
七夕 竹に五色の色紙などを飾って、牽牛と織姫に女子の幸運、恋愛等を祈ります。月遅れで行う地域もあります。
▲先頭へもどります
8   月
精霊祭 13日からの4日間、盆に祖霊を迎えます。精霊棚を設けて迎え火をたきます。
灯籠流し 15日、または16日に祖霊を送る行事です。
▲先頭へもどります
9   月
重陽節 五節句の一つで、九が陽数で、九が重なるため重陽といいます。
十五夜 陰暦8月15日の夜、薄を立て、団子や里芋などを供えてお月見をします。
▲先頭へもどります
10  月
十三夜 陰暦9月13日の夜、後の月見とも言います。枝豆、栗などをお供えします。
▲先頭へもどります
11  月
えびす講 えびす神をまつり、商売繁盛を祈ります。陰暦10月20日ですが、月遅れで行うところも多いです。この日に廉価大売出しをするのを誓文払いと言います。
十日夜 陰暦10月10日の夜のお祭りです。この日、田の神が天上すると伝えられます。案山子上げとも言います。
▲先頭へもどります
12  月
年忘れ 年の暮れに親戚や友人と集まって年中の労を忘れ、息災を祝しあいます。
正月事始 古来13日に正月の用意にとりかかるので、この名がつきました。
煤掃き 新たな年を迎えるため、神棚や家中のほこりをはらい、清めます。
松迎え 門松などを山へ取りに行く行事です。古くは13日でしたが、現在は28日頃に行うことが多くなっています。
年越しの祓 12月に行われる大祓いです。
年越(大晦日) みそかそばを食べ、除夜には神社に参詣します。静かに慎んで夜を明かすのを年籠りと言います。
▲先頭へもどります