人生儀礼

人生儀礼とは?
 人生儀礼とは通過儀礼とも言われ、人が生まれてから死ぬまでの間、ある段階ごとに行われる儀式です。人生儀礼には誕生・成年・結婚・厄年・葬儀などがあり、神社に詣でて神主さんに祝詞をあげてもらいます。今まで無事であったことを神様に感謝し、これからもご加護をいただけるようにお祈りしましょう。


人生儀礼の主旨
赤ちゃんのとき
着 帯 日 妊娠5ヶ月目の戌の日に行います。岩田帯とも言い、七尺五寸三分のさらし木綿などに紅で寿の字を書きます。
七夜の祝い 生後7日目に行います。初めて名前をつけます。
お宮参り 地域によって差がありますが、おおむね男児は生後32日目、女児は33日目に氏神様にお参りして健全な成長を祈願します。生児を初めて神様の見参に入れる行事で、このとき神様に認めていただくことが地域社会の氏子入りの条件となり、社会的な承認へとつながっていきます。
お食い初め 生後100日目に食い初めをして祝います。男女によって日数の違う地域があります。
初 誕 生 満1年目の誕生日を祝います。
こどものとき
初 節 句 生後初めての節句です。男は端午の節句、女はひなまつりをお祝いします。ただし生後21日前なら、翌年に祝うのが普通です。
七 五 三 地域によってことなりますが、おおむね男女とも3歳に髪置、男5歳に袴着、女7歳に帯解の祝いとして、11月15日に氏神様に参詣します。【髪置】は誕生後はじめて髪を伸ばし始める儀式で、生髪(せいはつ)、または髪立(かみたて)とも言います。【袴着】とは、平安時代には、3歳の時に男女とも初めて袴をつけ、碁盤に立たせる儀式があったためです。男児の祝いとされるようになったのは、女児が7歳になって初めて帯をする【帯解】の祝いに対してだと言われています。
入学・卒業祝い 小・中学校、高校や大学の進学等の祈願や卒業の祝いです。
成 人 式 満20歳の1月の第2月曜日に行います。一人前の人間として成人したことを祝い、よりよき社会人となる自覚をはぐくみます。
成 人 後
就職祝い 学校を卒業し、職業についたときに祝い、はげまします。
結 婚 式 人生の花であり、家庭生活の土台となる大事な儀式です。わが国の結婚式の多くが神前で行われてきたのは、幼児から年齢の段階ごとに祖先の神々に報告してきた延長です。新郎新婦の晴れ着は神事の服であり、花嫁の【角かくし】は神のご前に出るためのかぶりものです。神主さんの祝詞の後の【盃事】(さかずきごと)で神霊のこもった御神酒をくみかわし、【誓詞】を神様に申し上げて結婚の承認を得ます。それに対して【披露宴】は、人間の方に社会的承認を認めてもらうための儀式です。
厄年の祓い 厄年にあたるとき、神社で厄年祓いを行います。詳しくは【厄年とは?】をご覧ください。